忍者ブログ
大地震での避難や身近なキャンプなどでも、トイレを気持ちよくできないのはかなりのストレスになります。 携帯・簡易トイレを用意しておくことは大切な事です。
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • おすすめショップ
    カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    バーコード
    ブログ内検索
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。







    価格:52500円

    ショップ名:オリーブの木。

    レビュー:トイレ






    →簡単操作のコンパクト金属探知機! 警備員やガードマンの方に!小型金属探知機 EF-G2の購入はこちら



    簡単操作のコンパクト金属探知機! 警備員やガードマンの方に!小型金属探知機 EF-G252,500円(税込)■小型金属探知機 EF-G2の特徴◆小型金属探知機!小型金属探知機EF-G2は、金属を探知するとアラーム+赤色LEDが点滅します。荷物や郵便物、服のポケットに隠された武器等の危険物を確実に探知します。操作も非常に簡単で、電源ボタンを押している間だけONになり検知することができます。ボタンを離すとOFFになるので消し忘れの心配もありません。また、9Vの乾電池1個で使用でき、連続で約80時間使用することができます。◆軽量でコンパクトサイズ!EF-G2は、軽量でコンパクトサイズ!持ち運びに便利なので警備員やガードマンの方に最適!! ◆磁性金属物だけでなく、非磁性金属物も高感度に検知します鉄や銅などの磁性金属物以外にも、アルミやステンレスなどの非磁性金属物も高感度に検知します。◆広い探知エリアを持っています!感知面積の広い独自のデザインで検知対象物を逃しません!!◆感度調整機能付EF-G2には、感度調整つまみで金属に対する検知感度を調整することができます。検知感度を上げることで非常に小さな金属も探知することができます。◆イヤホンと皮製ホルダー付属!金属探知器EF-G2には、皮製ホルダーとイヤホンが付属しております。皮製ホルダーはベルトに通すことができるので持ち運びにも便利です。イヤホンは、周りがうるさい場所やアラームを鳴らしたくない場所などでの使用に適しています。■使用方法◆各部名称1.イヤホンジャック 付属のイヤホンを差し込みます。 2.表示灯LED 金属を検知すると赤色に点灯します。 3.電源スイッチ 押している間、金属を検知することができます。離すと検知しません。 4.感度調整つまみ 感度調整つまみを回して検知感度を調整することができます。 5.電池ボックス 9Vの乾電池を1個入れます。 ◆使用方法左側に付いた電源ボタンを押している間だけ金属を検知します。※ボタンを離すと検知しません。ボタンを押したまま対象物に近づけ調べます。金属を検知するとアラームが鳴り、赤色LEDランプが点灯します。◆感度調整について裏面の感度調整つまみをマイナスドライバーなどで回し、検知感度を調整することができます。※時計回りに回すと感度が上がり、逆に回すと感度が下がります。 ■商品仕様型番 EF-G2 電源 DC9V 乾電池006P(付属品)電池寿命 連続使用で約80時間 動作周波数 90KHz質量 約200g 外形寸法 W81×H160×D30mm ■その他の金属探知機一覧はこちらから⇒



    →簡単操作のコンパクト金属探知機! 警備員やガードマンの方に!小型金属探知機 EF-G2を楽天で購入







    Supported by 楽天ウェブサービス
    PR
    【合計2万円以上で送料無料!!】 簡易トイレ ポータブル水洗トイレ 10L HOME 【合計2万円以上で送料無料!!】 簡易トイレ ポータブル水洗トイレ 20L
    Copyright © 携帯・簡易トイレ|楽天通販 All Rights Reserved
    モノの値段が上がり続ける
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]